スポンサーリンク
スポンサーリンク

幼児習い事の費用は?ヤマハなどピアノや体操、バレエの月謝の平均を紹介

育児

前回、幼児の習い事について、始める年齢やいくつ習わせているのかなどについて調査しました。

幼児の習い事はいくつ&いつからさせる?運動系や嫌がる時の対処法も

習い事を決める上で親として非常に気になる点が月謝です。親に対する習い事アンケート調査でも、子供の習い事で大変だと思うことは何かを聞いた結果、圧倒的に多かったのが「月謝などの費用」だそうです。そこで、今回は人気の習い事の費用をまとめました。ご参考にどうぞ。

スポンサーリンク

幼児の習い事の費用の平均は?

親は、未就学児の子ども一人の習い事にどのくらいのお金をかけているのでししょうか。以下は未就学児のケースです。

習い事の数の平均数     1.61
1人・月当たりの習い事合計費用  9,838円
習い事一つあたりの平均費用  6,129円

出典:『ケイコとマナブ』2017年 子どもの習い事ランキング

未就学児でこの結果です。これから子どもが大きくなるにつれ、どんどん教育費も膨らむので恐ろしいですね。ひと家庭ごとの子どもの数が少なくなっているので、子どもの将来に対して、親が思い描く願望の大きさが伺えます。

スポンサーリンク

人気の習い事の傾向と月謝の相場について紹介

それでは、月謝の費用の相場を、習い事ランキング順で見てみましょう。

【最新版幼児の習い事ランキング】

  1位 水泳 5000円〜7000円
  2位 体操 5000円~7000円
  3位 英語・英会話 6000円〜8000円
  4位 ピアノ 5000円〜10000円
  5位 リトミック 2000円~6000円
  6位 学習塾・幼児教室 6000円〜8000円
  7位 サッカー 2000円~7000円
  8位 バレエ 5000円〜10000円
  9位 ダンス 5000円〜10000円
10位 エレクトーン 5000円~10000円

ランキングについての出典:https://www.shichida.co.jp/magazines/%E5%B9%BC%E5%85%90%E6%9C%9F%E3%81%AE%E5%AD%90%E4%BE%9B%E3%81%8C%E7%BF%92%E3%81%84%E4%BA%8B%E3%82%92%E3%81%99%E3%82%8B3%E3%81%A4%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%EF%BC%86%E4%BA%BA%E6%B0%97/

ここ数年の傾向としては、水泳人気が断トツ1位なのは変わらないですが、過去人気だったピアノよりも、英語の人気が高まってきています。リトミックは子どもの能力開発に役立つ事から、最近人気が出ている習い事の一つで、他の習い事に比べると金額的に安い所もあるので、探してみると近くで見つかるかもしれませんよ♪

まだまだ数は多くないですが、新しい習い事として注目されているのがプログラミングです。2020年度からのプログラミング授業必修化に向けて、3歳から通えるプログラミング教室もあります。

3歳からプログラミング教育は必要?早くから身に付けておきたい力とは|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
こちらは、3歳からプログラミング教育は必要?早くから身に付けておきたい力とはのページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。

かかる費用について、上の表では月謝をまとめましたが、月謝の他に、入会金や教材費、練習着や発表会費など月謝の他に費用負担がある習い事がほとんどです。例えば、バレエの発表会では、それぞれ割り当てられたチケットがあり買い取り制なので、発表会の度、負担金が10万円かかるという知り合いがいました。

体操教室などの運動系では、週2回のクラスに通っている子もいるようなので、その場合は当然月謝も多くかかりますし、指定のシャツや運動靴購入の費用があったりと、大体の保護者が、自分の予想を超えた金額を出費する事になってしまったという声が多いので、事前のリサーチとお金の準備が必要ですね。

入会金については、入会キャンペーンがあれば、それを利用してお得に始めたいですね。それにしても、習い事の費用というのは、どれもこれも幼児にしてはなかなかの金額ですね。

最近では、幼稚園や保育園で、体操教室やリトミック、英会話などを取り入れているところもありますし、その場合は費用がかからなかったり、安く習える場合もあるので、習い事優先で園を選ぶ方も増えてくるのではないでしょうか。

ピアノやエレクトーンを習わせる場合は、子どもが本格的にやりたいと言った時に、楽器を購入できるかどうかを考えて、本当に習わせる事ができるのか考える必要があります。基本的に家で練習しなければ上達しない音楽系の習い事は費用の負担が大変です。例えば、ピアノは中古のものを購入する場合でも、最低30万ほど予算を考えておく必要があります。

スポンサーリンク

ヤマハのピアノについて詳しく紹介

人気の音楽教室ヤマハでは、幼児の教室として、1~3歳の幼児対象の【ぷっぷるくらぶ】と、3歳から始める【おんがくなかよしコース】と4歳と5歳からはじめる【幼児科】が用意されていて、幼児の教室は全てグループレッスンです。

ぷっぷるくらぶ 1回45分完結  500円(親と一緒の1回完結レッスン)

月3回40分     5000円(親と一緒の継続レッスン)

おんがくなかよしコース 月3回50分     5000円
幼児科 年40回60分   6500円

その他、教材費が別途数千円かかります。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?参考になりましたでしょうか?予想はしてましたが、皆さん、けっこう習い事にお金をかけてるんですね。やりくりしている保護者の方々、かわいいお子さんのために素晴らしいですね!尊敬します。

親の自己満足ではく、子どもがやりたいと言えば、やっぱり親としては習わせてあげたいですよね。そして、未来に向けて子どもの夢をふくらませ、成長を見守りたいですね。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました